Progress Creativeの詐欺情報はでっち上げ?株式会社firstや益井雅に不審な点は見受けられない?!

以前から気になっているProgress Creativeの詐欺情報について調べてみました。

ネットビジネスであれば当然こういった情報は出てくると思いましたが果たして真実なのか確認してみました。

 

結論:Progress Creativeの詐欺情報はでっち上げ?!

今回の調査結果としてProgress Creativeの詐欺情報はでっち上げの可能性が極めて高いのではないかという結論になりました。

その理由は大きく分けると3つあります。

こちらについて分かりやすく簡潔に説明していきます。

またその他にも詐欺では無くても詐欺であるという情報が出てしまう理由についても後半では解説しているので最後までご覧ください。

Progress Creativeが詐欺では無いと感じた理由1「証拠不足」

シンプルにProgress Creativeの詐欺情報は証拠が不足しています。

もしも本当に稼げないのであれば順を追って画像などを使い説明しているはずです。

しかし、そういったサイトはありません。

単純に証拠としては不十分ですし、何を根拠にしているのか、またその根拠が誰から見ても納得が出来るものなのかについては疑問です。

表面だけを見て怪しい、詐欺と言うくらいなら誰でもできます。

重要なのは客観的に判断できるだけの情報や証拠があるのかだと思います。

今回はその重要な証拠部分が欠落しているように感じました。

Progress Creativeが詐欺では無いと感じた理由2「要素が確認できない」

その次に詐欺の要素です。

これが無いと詐欺とは言えません。

もしも特定のビジネスに対して詐欺だという評価や決定を下すのであれば証拠はどこにありどこが問題なのか明確にしなくてはいけません。

逆にそれが無い状態では詐欺の要素が無いという判断になってしまうので詐欺と言うのはいささか強引すぎる結論だと思います。

その他にもProgress Creativeが詐欺だというのであればとっくに問題になっているはずです。

それが無いという時点で詐欺の要素が無いということが認められていることが証明できてしまうのではないかと感じました。

Progress Creativeが詐欺では無いと感じた理由3「意図的に評価を下げようとしている動きがある」

これについては後程別の章でも触れますが、Progress Creativeについては詐欺だとして意図的に評価を下げようとしている動きがあります。

もしも仮に詐欺であるという事であればそれをシンプルに伝えて根拠を分かりやすく提示すればいいです。

例えばこのビジネスのビジネスモデルは稼げない仕組みになっていてその理由は○○で××という検証をした結果それが証明できたので詐欺ですというなら分かります。

しかし、一部のサイトでは詐欺であると言っているのにも関わらず検証や確認が出来ていません。

表面的な情報のみで構成されたそれらしき話を詐欺につなげているだけのように感じるのは私だけでは無いはずです。

明らかに情報量が少なく詐欺を直接証明できるような根拠が含まれていない内容になっていると思います。

これは意図的に評価を下げられているとしか考えられないと感じませんか。

意図的に評価を下げようとしているサイトの多くは複数のビジネスを詐欺としてまとめています。

記事数が多く以前からこの業界に居て評価を下げるような行為を続けています。

結果的に信じてしまう人もいると思いますが危険です。

その理由についてもこれから説明していきます。

ひとまず上記のような理由でProgress Creativeについては詐欺では無いと思います。

Progress Creativeを詐欺という業者が悪徳過ぎた?!危険な業者に騙されないよう注意が必要!!

Progress Creativeについて調べていますが運営元の株式会社firstや代表者の益井雅という人物も確認しましたが怪しげな情報は見つかりません。

ただ、ネットで検索するとProgress Creativeや株式会社first、代表者の益井雅については詐欺師、詐欺会社と評価している人が一定数います。

これは俗に言う同業者潰しだと思われます。

根拠は3つあります。

1つ目「あまりにもサイトがまとまり過ぎている!プロの仕業?!」

もしも、Progress Creativeが詐欺である、怪しいという事を伝えるだけならSNSに書き込むのが一番早いです。

個人の発信力がある今ならそれだけで危険を知らせることができます。

では何故サイトを作る必要があるのでしょうか。

これは評価を意図的に下げることでターゲットにしているビジネスの顧客を減らし自分たちのビジネスを勧めるためです。

最終的には別ビジネスを勧めているところがほとんどだと思います。

これが証拠です。

このような方法で誘導しているのに多くの人は気が付きません。

2つ目「利用者以外が書いている点が明らかにおかしい」

もしもProgress Creativeで稼げなかったとしたらその不満や怒りをインターネットにぶつけるというのは理解できます。

しかし、調べてみるとProgress Creativeを利用していない人たちがサイトを作り詐欺であるという情報が書かれています。

これはおかしいです。

何故利用していない人が書いているのでしょうか。

答えは簡単です。

利益になるからです。

Progress Creativeで検索して来た人に詐欺だと不確定な情報を伝えると信じる人が出てきます。

その人たちを誘導して別のビジネスを始めさせれば別の業者に利益が入ります。

こうしてお金を稼ぐ為に詐欺であるという情報を書いている人たちが一定数います。

もしくは業者事態がそういったサイトを作ることで自社のビジネスへの勧誘をしているという可能性も十分あり得るでしょう。

もちろん、全てがそうということではないと思いますが、確実にそういった人たちがいるのは間違いないです。

3つ目「長期運営している理由が不明」

もしも詐欺であるという注意喚起をしたいならビジネスがスタートしてからサイトを作るので少なくとも去年の11月以前にはサイトは無いはずです。

しかし、確認すると数年前、十数年前から運営しているサイトもありました。

これは運営すること自体が目的で記事はどうでもいいという事です。

何故ならサイトを数年運営することで利益が出るからです。

逆に言うと記事が作られた期間が短いという事は利益を出しているサイトではないのでむしろ信用度が高いです。

サイト運営にもお金がかかるので詐欺を撲滅したいという理由だけで運営しているなんてありません。

さらに記事のクオリティーは素人を超えています。

無骨なサイトならまだしもデザインの細部にまでこだわっている時点でそのサイトの方が怪しいですし、不安に感じます。

このような理由からProgress Creativeは意図的に評価を下げられていると感じます。

これを見てもまだProgress Creativeが怪しい、詐欺と言う人は完全に思考が停止しているので詐欺に遭いやすいです。

気を付けて下さい。

Progress Creativeの運営元株式会社firstや益井雅についても詐欺要素は見つからないから安心できる?!

結局のところProgress Creativeについては運営元である株式会社firstと代表者益井雅について不審な点は確認できず、詐欺というのは強引な結論だと思います。

また、詐欺と評価しているサイトの多くが検索して来た人を別のビジネスやLINEに誘導する動きがあったのでかなり危険です。

危ないという事を知らせたのちに別のビジネスを勧めてくるのは明らかにおかしいです。

自転車のブレーキが利かず事故に遭いそうになったところを助けられた後に「もっと良い自転車があるから今紹介するね!」と言われたら怖くないですか?

しかも購入を勧めてくるようなことをされたらもっと怖いですよね。

今回の場合Progress Creativeが詐欺だからという切り口で別のビジネスを勧められたら明らかに何か裏があると思った方が良いです。

普通なら「危ないから近づかない方が良い」くらいで「もっと稼げるビジネスを教える」なんて怪しすぎます。

Progress Creativeについてはこういった意図的に評価を下げたり、詐欺だと書いて別ビジネスに誘導する業者によって被害に遭っているのだと思います。

少し考えればヤバいですが心理テクニックを使われると人間は簡単に信用します。

意図的に評価を下げているようなサイトを信用するのは逆に大損する可能性があるので気を付けて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ